短期バイト探し

 

タイプ別!『短期バイト探し』はこのポイントで選ぼう☆

夏休みにもピッタリなのが『短期のバイト』

短期バイト探してます

終わりが決まっていると自分のスケジュール通りに働けるし、プライベートの計画も立てやすくなります。

 

長期のレギューラーバイトだと途中でメンド臭くなりそうだけど、短期なら何とか耐えられそう
・・・そんな方も多いかと。

 

そこで、タイプ別に夏季の短期バイトを選ぶ方法を、ちょっと考えてみたいと思います。
自分のケースをいろいろ検討して、バイト選びをしてみてねー。

 

 

アナタは何派?夏休みの短期バイト

☆短期集中でガッチリ稼ぎたい派☆

短期 軽作業

夏休みは目一杯バイトしたい、お金を貯めて欲しいモノを買いたい、そんな方は短期集中でガチッと働こう。

 

学生さんいとっては、まさに夏休みが絶好の機会です。みっちり
シフトを入れておけば無駄遣いするヒマもないかもねっ?!

 

勤務期間1ヶ月くらいで高収入の職種を狙おう!
例)宅配便や引越しの助手(日給8000円位)

 

 

☆好きなときだけ働きたい!自由派のあなた☆

ヒマな時を有効に利用したい、ピンポイントでこの日だけ働きたいときだけバイトしたい。
そんなワガママな希望もOK、自由派のあなたには1日でもOKの超短期がオススメ。

 

今日探して明日勤務できる急募などを探して見よう。定期的に単発がやりたいなら登録制の
バイト先も1つ確保しておくと便利でしょう。
例)倉庫などで軽作業(時給1200円〜1300円)
キャンペーンスタッフ(日給12000円)

 

 

☆いろんなバイトをやってみたい!掛け持ち派☆

メイド喫茶

バイトするのが初めての方、どんな仕事が自分のあってるかワカラナイ・・・

そんな不安があるなら、短期のバイトをいくつか掛け持ちしてみよう。
かけ持ちといっても一緒にやるのではなく、1週間くらいで複数の職種を経験してみては。

 

飽きっぽい正確に人でも、いろいろ経験できて楽しいかもよ。
例)テレフォンアポインター(週給5万円)
  メイドカフェでお試し(週末だけ2万円)