リゾートホテル スタッフ 短期

 

リゾートホテルで働いた体体験記(大学1年)

私が10代の頃(大学1年)に沖縄のホテルでアルバイトする機会がありました。
熊本に住んでいる私は、アルバイトでも沖縄にいけると楽しみにしていました。

 

お盆の前後2週間だけでいいので臨時スタッフとして手伝ってくれないかと紹介されたのがキッカケ。夏休み期間という事もあり、仕事は大変だろうなとある程度の覚悟はしていましたが、いざ仕事を始めると予想以上の忙しさ。
休憩時間もなく、昼食も立ったまま用意して頂いていたおにぎりを2つ詰め込んだだけでした。

 

また、夏休み期間という事もありファミリーのお客さんが多く、子どもも沢山おり、すごく騒がしくその事で苦情が相次ぐ始末。
「子どもがうるさい」「子どもが走り回って困っている」など…。
全ての子どもがそうではないのですが、スタッフの私達も正直困っていました。
しかし、よくよく考えてみると子ども達はこの日を待ちに待って、今楽しんでいるのだと思うと注意もしづらかった事を思い出します。

 

リゾート地と言う所には2つの目的の人がいると思います。
一つは『はめを外し楽しもうと思う人』。二つ目は『ゆっくりしてリラックスしたいと思う人』。このどちらも悪くありません。

 

ただこういった目的の違いが揉め事の原因になるのも必然であり、そのどちらの肩も持てないスタッフは本当に辛かったです。みんながみんな同じ目的で同じ価値観の人はいないと思います。

 

ですが、リゾートホテルでアルバイトして分かったのは、その二つの板挟みになっているスタッフこそが本当の心のリゾート地になっているのだと思いました。

 

期間限定で短い経験でしたが、楽しかった思い出です。